明日への力をチャージしよう!!パパッと時短で大満足の簡単夜ご飯丼♪

仕事が終わりクタクタになって帰宅。お腹はペコペコなのに料理を作る気力が残ってない!!そんなあなたのお助けレシピが「簡単夜ご飯丼」!!たった一つの丼で、パワーと栄養チャージです♪後片付けだって楽チン。ご飯の上に乗っけるだけの簡単夜ご飯で、エネルギーはもう満タン!

簡単夜ご飯丼①:「簡単美味しい豆腐丼」

ヘルシーで体にも優しい夜ご飯丼!!会議が長引いた日や急な残業で帰りが遅くなった日も、簡単に作れ、安心して食べられる夜ご飯ですね。

《簡単夜ご飯豆腐丼作り方》

材料(1人分)
絹ごし豆腐 1/2丁くらい
納豆 1パック
キムチ 50gくらい
オクラ 2~3本
じゃこ ひとつまみ
ごまや揚げ玉 ひとつまみ
濃口醤油 適量
※その他、薬味ねぎ、大葉の千切り、卵、切り海苔、 鰹節、明太子など…お好みで

豆腐丼の作り方は非常に簡単。ごはんの上に用意したそれぞれの具材を盛り付けるだけ!!お醤油を回しかけて召し上がれ♪

簡単夜ご飯丼②:「簡単かに玉丼」

ふわふわ半熟卵に包まれ、疲れも一気に吹き飛ぶ癒しの晩御飯です。ボリュームも満点ですね。

《簡単夜ご飯かに玉丼作り方》

材料(1人分)
丼飯 1杯
卵 2~3個
カニカマボコ 2本
もみ海苔 お好みで
サラダ油(もしくはバター)小さじ2~3
マヨネーズ 小さじ1
しょう油 お好みで

1.カニカマボコは4当分し、縦方向に細く刻み、ボウルに入れて卵とマヨネーズを加えて混ぜます。
2.丼飯にもみ海苔をお好みでちらします。
3.小さめのフライパン(20cm前後)にサラダ油を入れ、小火口の強火にかけます。サラダ油が熱くなったところで卵液を一気に入れましょう。しばらくすると鍋底、フライパンの周囲から卵液が固まり始めます。そのタイミングでフライパンの周囲から中心方向に菜箸で固まった卵を寄せます。卵を寄せると空いた部分に固まってない卵液が流れるので、それが固まってきたらまた寄せる…それを繰り返して好みの半熟具合にします。(ここではサラダ油を使っていますがバターを使っても美味しいです。)
4.好みの具合になったら丼飯にのっけてできあがりです。

簡単夜ご飯丼③:「桜えびの簡単ヘルシー丼」

桜エビの旨味がギュッと詰まったヘルシー夜ご飯丼。不足しがちなカルシウムもたっぷり取れるのがうれしい簡単レシピです。

《簡単夜ご飯桜エビ丼作り方》

材料(4人分)
材料①
・ネギ 1本
・みょうが 2本
・青じそ 1束
・にんじん 1/2本
材料②
・ごはん 2合
・釜揚げ桜えび 80g
・玉子 4個
・桜えび粉 適量
・きざみのり 適量
・炒りゴマ 適量
・醤油 適量
・ゴマ油 適量

1.材料①をすべてみじん切りにする。
2.どんぶりに盛ったご飯に桜えび粉を振りかけて、混ぜ合わせた材料①を乗せる。
3.玉子を真ん中に割り入れ、釜揚げ桜えびを乗せる。
4.きざみのり、炒りゴマ、醤油、ゴマ油を入れて完成。
※すべてかき混ぜてからお召し上がりください。

簡単夜ご飯丼④:「海鮮たっぷりあんかけ丼」

疲れて材料を準備する気力がない時は、シーフードミックスを使って代用できます。冷蔵庫にシーフードミックスをストックしておけば何かと役に立つもの。上手に夜ご飯に活用し、簡単料理で楽しましょう。

《簡単夜ご飯海鮮丼作り方》

材料 ( 1 人分 )
むきエビ4~5尾
イカゲソ60g
豚肉(薄切り)100g
ニンジン1/8本
高菜の漬け物(刻み)大さじ2
ウズラの卵(水煮)2個
片栗粉小さじ1
【調味料】
酒小さじ2
しょうゆ小さじ2
顆粒チキンスープの素小さじ1
水100ml
ゴマ油小さじ2
ご飯(炊きたて)丼1杯分

《下準備》
・むきエビは背ワタを取って分量外の塩水で洗い、水気を拭く。
・イカゲソは先を切り揃え、1~2本ずつに切り離す。
・豚肉は長さ3cmに切る。
・ニンジンは皮をむいて縦半分に切り、半月切りにする。
・【調味料】の材料を混ぜ合わせる。
1.フライパンにゴマ油を熱し、豚肉、エビ、イカゲソを炒める。色が変わったらニンジンを加えて炒める。
2.【調味料】を加え、煮たったら高菜の漬け物、ウズラの卵を加える。ニンジンが柔らかくなったら、分量外の水大さじ1で溶いた片栗粉を加えてトロミをつけ、ご飯を盛った丼にかける。

簡単夜ご飯丼⑤:トマト豚丼

トマトと卵は相性抜群!!丼だけでなく、普段から夜ご飯のおかずに使いたい組み合わせです。豚バラ肉の甘味とトマトの酸味もうまくマッチ♪フライパン一つでできる簡単なレシピ。

《簡単夜ご飯トマト豚丼作り方》

材料(2人分)
豚バラ肉(薄切り)150g
トマト 1コ
玉ねぎ 1/4コ
卵 3コ
【合わせ調味料】
だし 大さじ6
しょう油 大さじ3
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ1
ご飯 (温かいもの) 丼2杯分

1.豚バラ肉は3cm幅、トマトは1.5cm角、玉ねぎは薄切りにします。卵は溶いておきます。
2.鍋に*合わせ地を入れ煮立ったら豚肉と玉ねぎを加え火が通るまで2,3分煮て、トマトを加えサッと煮ます。
3.どんぶりにご飯をよそいます。
4.2に溶き卵を流し入れ、火を通し過ぎないように注意しながら半熟状になったら3のご飯の上にのせ、出来上がり!

簡単夜ご飯丼⑥:親子チキンステーキ丼

エネルギー補給にはガッツリステーキ丼がピッタリ!!もりもり食べれば、また明日から頑張れそうです。焼き肉のたれを使用した味付けで、失敗知らずの簡単夜ご飯♪

《簡単夜ご飯チキンステーキ丼作り方》

材料 2人分
鶏もも肉 1枚(250g)
丼飯 2杯分(400g)
温泉卵 2個
キャベツの葉 1~2枚
揚げたま(てんかす)大さじ山盛り2
刻みねぎ 適量
焼肉のタレ 大さじ2
マヨネーズ お好みで
小麦粉 適量
塩 小さじ1/4
黒こしょう お好みで(目安は小さじ1/6位)
サラダ油 大さじ1

1.キャベツは千切りにして水にさらし、しゃきっとしたらザルにあげて、しっかり水切りします。
2.鶏もも肉は焼きはじめる15分前に冷蔵庫からだし、温度をあげます。まな板に置き、包丁の先で表も裏も満遍なく突き刺し、筋切します。塩と黒こしょうを表裏にふり、小麦粉を薄くまぶします。
3.フライパンを中火にかけ、サラダ油を入れます。熱くなったら、鶏肉の皮の方から入れて、フタをして、5分焼きます。5分経ったら返し、フタをかぶせて2分焼きます。身の方を2分焼いたら、火をつけたままフライパンの余分な油をキッチンペーパーで拭き取ります。身の方を焼いたら余分な脂を拭き取ります。脂をとったら火を消し、焼肉のタレを加え、鶏もも肉になじませます。
4.丼飯にキャベツの千切りをのせ、マヨネーズをお好みでかけます。焼いた鶏もも肉を一口大(10等分)に切り、キャベツの上にのせます。温泉卵を添え、あげ玉、刻みねぎを散らして出来上がり。お好みで焼肉のタレ(分量外)をかけて頂きます。

簡単夜ご飯丼⑦:しらすと梅のなめ茸おろし丼

さっぱりと頂けるのがうれしい簡単夜ご飯丼です。オクラとなめ茸のネバネバ効果で、お腹にも優しいレシピ。夏にも活躍しそうな晩御飯ですね。

《簡単夜ご飯なめ茸おろし丼作り方》

材料(1人分)
ご飯 軽く1膳
しらす 10g
大根 100g
オクラ 1本
なめ茸 20g
梅干し 1個
大葉 3枚

1.オクラはさっと茹でて輪切りに、大葉は千切りに、梅干しは細かく刻んでおく。
2.大根をおろし、しらす・オクラ・なめ茸・梅干しを混ぜ合わせる。大根をおろし、しらす・オクラ・なめ茸・梅干しを混ぜ合わせる。
3.熱いご飯に大葉を混ぜ込みお椀に盛り、②をのせて出来上がり!

簡単夜ご飯丼⑧:まぐろキムチ丼

しっかり味の付いたマグロにご飯が進む簡単夜ご飯レシピ。スタミナ満点で、体力回復にもってこいの夜ご飯ですね。

《簡単夜ご飯まぐろキムチ丼作り方》

材料(2人前)
まぐろ刺身 300g
大葉 4枚
万能ねぎ 少々
ごはん 2膳分
しょうゆ 大さじ2
ごま油 大さじ1
すりごま
キムチ

1.まぐろは一口大、大葉は細切り、万能ねぎは小口切りにします。
2.しょうゆ・ごま油・すりごまをすべて混ぜ合わせます。
3.まぐろとキムチを混ぜ合わせ、 2 を和えます。
4.ご飯を器に盛り 3 をのせたら、お好みで大葉、万能ねぎをちらしてできあがり。

おわりに

家に帰り美味しい夜ご飯を食べている時間は、一日の中でも最高に幸せなひと時です。どんなに疲れていても自分の時間を大切にし、栄養満点の夜ご飯でエネルギーを補給しましょう。食べたものがあなたの体を作ります。

また明日からも頑張れる!!力がみなぎる丼レシピをぜひ参考にしてみて下さいね♪

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ