『飲む点滴』と呼ばれる甘酒! 甘酒がもたらす嬉しい効果をご紹介!

季節の節句などに振舞われることの多い「甘酒」。優しい甘さと仄かに米の香りがする甘酒は、心も身体も温めてくれる飲み物ですよね。ですがそんな甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価が高く、沢山の効果を秘めた飲み物なんですよ!そこで甘酒の嬉しい効果をご紹介します!

甘酒ってなに?

甘酒とは、日本の伝統的な甘味飲料の一つで、見た目は白く混濁しています。地域によって「甘粥」と呼ぶところもあるんですよ。

甘酒は「酒」と名前が付いているものの、アルコール含有量はわずかなので分類としてはソフトドリンクとして扱われることがほとんどです。甘酒は季節問わず一年中飲めるので、冬の時期には熱くして風邪予防のために飲んだり、夏にはさっぱりと飲むために生姜汁を入れるなど季節によって味わい方が変わる飲み物なんですよ。

実は甘酒は2種類ある?

呼び名を「甘酒」とひとくくりにしているので知らない方も多いのですが、実は「甘酒」は2種類あり、それぞれ製法が異なります。

・米麹から作る甘酒

一つ目は米麹から作られている甘酒です。これは、米に米麹を加えて作るので、砂糖は一切使用していません。ですが、米麹が引き出すお米の甘みは強く、砂糖とはまた違ったさわやかな甘さとコクが味わえます。

・酒粕から作る甘酒

二つ目は、粕汁などで使われる「酒粕」を使用して作る甘酒です。これは酒粕に砂糖を加えて作られています。市販されている甘酒の多くは、この酒粕から作られていることが多いんですよ。お酒の香りがきついので、好き嫌いが分かれる甘酒です。

甘酒は「飲む点滴」とも呼ばれていますが、それは「米麹」で作られた甘酒のことなんです!米麹で作られた甘酒にはブドウ糖やビタミンが豊富に含まれているので身体に様々な効果をもたらしてくれるんですよ。

米麹から作られた甘酒が持つ効果 ① 栄養補給

「飲む点滴」と呼ばれる甘酒には、実際に医療現場で使われている点滴に近い成分である「ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6などのビタミンB群、ブドウ糖・必須アミノ酸」等が含まれています。

そのため甘酒は、食欲がない時や忙しい時に手軽に栄養補給ができ身体の健康を保ってくれる効果があるのです!さらに甘酒の栄養素の中には、消化吸収を助ける酵素も含まれているので、胃腸の調子が悪い時には最適の飲み物なんです。江戸時代には甘酒は、夏バテした身体に栄養補給をする夏の飲み物として好まれていたんですよ。

米麹から作られた甘酒が持つ効果 ② 美肌効果

甘酒には、美肌効果があることもわかっています。甘酒に含まれているビタミンB群は、肌の調子を調えてくれる重要な栄養素です。

更には、必須アミノ酸が肌の乾燥を防ぎ、米麹に含まれるコウジ酸には美白効果が期待できるんです!女性にはとっても嬉しい効果ですよね。美肌効果がある必須アミノ酸は体内で生成できないので食物で補う必要が常にあります。そんな時に甘酒を飲めば、必須アミノ酸を摂取でき、美肌効果も得られるんですよ。

米麹から作られた甘酒が持つ効果 ③ 髪と頭皮を美しく保つ

暑い夏の日には、どうしても強い日差しを浴びてしまい髪や頭皮にダメージを受けてしまいがちですよね。そんな頭皮や髪のダメージにも甘酒は嬉しい効果をもたらしてくれるんです!

甘酒には「ビオチン」という成分が含まれていて、このビオチンには頭皮と髪の調子を調える効果があることが分かっています。また美白効果があるとご紹介した「コウジ酸」には、頭皮を若返らせ、美しく健康な髪を作る効果もあるのです!

米麹から作られた甘酒が持つ効果 ④ ダイエットをサポート

米麹から作られた甘酒は、100gあたり81キロカロリーと高めです。ですが、甘酒に含まれているブドウ糖のおかげで満腹感を得ることができ、間食や食べ過ぎを防ぐことができるのです。

食前や小腹が空いた時などに飲めば食べる量を抑えられるので、ダイエット効果が期待できるんですよ。さらに甘酒には、脂質の代謝を促進する効果がある「ビタミンB群」が豊富に含まれています。このビタミンB群のおかげで脂肪燃焼効果も得られるんです。あの甘酒にダイエット効果があったなんて驚きですよね!

甘酒の飲み方とは?

●飲む時間を決め継続する

甘酒を飲む時間に特に決まりはありませんが、甘酒の効果を効率的に得るためには飲む時間を決めて毎日飲むことが良いと言われています。

朝が忙しい方は朝食代わりとして飲んだり、食べ過ぎを予防したい方は間食のおやつを甘酒に変えるなどして毎日続けると良いんですよ。またダイエット効果を得たい方は、食前に飲む習慣をつけると食欲が抑えられるのでおすすめです。

●1日に飲む量はカップ1杯程度にする

甘酒は栄養満点ですがカロリーが高めなので、1日に何杯も飲むと太ってしまう事があります。そのため1日に何回も飲むより、飲む時間帯を決めカップ1杯分だけ飲むほうが健康に良いんですよ。

甘酒の風味が苦手な方には…

甘酒はちょっと独特の風味があるので苦手な方も多いですよね。そんな苦手な方には、すりおろした生姜を一つまみ加えると飲みやすくなります。

また、成分無調整の豆乳で割ると独特の風味が和らぎ飲みやすくなるんですよ。是非お試しください!

甘酒の効果についてのまとめ

季節の節句で飲むことが多い甘酒。普段はあまり飲まないですよね。ですが甘酒には身体に嬉しい効果がたくさん詰まっています。毎日カップ1杯なら無理なく飲める量なので続けやすいですよね。甘酒を飲んで健康になりましょう!

1

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ