出汁がきいてとても美味!カサゴを使ったおすすめレシピを紹介します

カサゴの見た目は、トゲトゲで決して綺麗な見た目ではありません。しかし、身は淡泊でしまっていて、骨からはとても美味しい出汁が出るんです!!なので、様々なレシピに使えます!価格は少し高めですが、カサゴを使ったおすすめレシピを紹介します!

カサゴとは?

ごつごつとして頭が大きく、笠をかぶっているように見えることからその名がついたカサゴ。地方で呼び名が異なり、関西ではガシラ、他にも四国などでも様々な呼び名が存在します。身がしまり、脂も程よくのっており、和食のみならずアクアパッツァなど様々なレシピに重宝する魚の一つといえます。

カサゴのおいしさを最大限に利用したおすすめレシピを紹介します!!

カサゴを使ったおすすめレシピ①:簡単カサゴのカルパッチョ

白身魚の代表的な洋食といえばカルパッチョですよね。プリプリとしたカサゴもカルパッチョとの相性が抜群です!

材料(2人分)

カサゴ・・・中2匹
オニオンスライス・・・適量
イタリアンドレッシング・・・大さじ3
角切りトマト・・・1/4個分
バジル・・・ 適量

カサゴを捌きます

カサゴは鱗をとり、頭を落とし、腸をとり、流水でよく洗います。3枚におろし、皮を引き、刺身状にします。頭が硬くて痛いので、カサゴを抑える方の手に軍手をしたほうが良いですよ。

カサゴを皿にのせます

スライスしたカサゴを皿に盛り付けます。皿の中央にオニオンスライスを盛ります。

冷蔵庫でよく冷やします

盛り付けが終わったら、イタリアンドレッシングをかけて冷蔵庫で2~3時間冷やします。

トマトをのせて完成です

最後に角切りに切ったトマトを散りばめて完成です!

カサゴを使ったおすすめレシピ①:簡単カサゴのカルパッチョ

カサゴを使ったおすすめレシピ1つ目は、居酒屋でも人気の高いカルパッチョです。淡泊で締まった身がカルパッチョによく合います。残った骨は、捨てずにあら汁などに使いましょう!

カサゴを使ったおすすめレシピ②:外カリッ中ふわ!簡単カサゴの唐揚げ

外はカリッと中はフワッと仕上がるカサゴの唐揚げのレシピを紹介します。捌き方の画像も載ってますよ!

材料(2人分)

カサゴ・・・2匹
片栗粉・・・ 大さじ1
油 ・・・適量
塩こしょう・・・少々
ポン酢・・・小さじ2

カサゴのうろこをとります

カサゴの背びれをキッチンハサミで切り取り、包丁の背か鱗落としで鱗を落とします。

カサゴの内臓を取り除きます

包丁かキッチンハサミでお腹を切り、内臓を取り出し、よく洗います。臭みの原因になる血合いはきれいに洗います。

火が通りやすいように、背びれに沿って2本切れ目を入れます。

高温で揚げます

塩こしょうしたら片栗粉をまぶします。高温の油で3分揚げます。魚が大きい場合は、長めに揚げて下さい。

ポン酢をかけて完成です

カラッと揚がって器にのせ、きざみねぎ、ポン酢をかけて完成です!

カサゴを使ったおすすめレシピ②:外カリッ中ふわ!簡単カサゴの唐揚げ

カサゴを使ったおすすめレシピ2つ目はカサゴの代表的な料理の一つ、唐揚げです。外はカリッとして中はフワッとしているのでとても美味しいですよ。アレンジレシピとしてアツアツの唐揚げの上にきのこや野菜のあんかけもかけてもおすすめです。

カサゴを使ったおすすめレシピ③:奥さんに喜ばれるカサゴのパスタ

カサゴを主食として調理できるパスタのレシピの紹介です!!

材料(3人分)

カサゴ・・・小ぶりのもの5尾
パプリカ・・・半分
パスタ・・・240g
あさり・・・10~15粒
コショウ・・・少々
塩・・・少々
小麦粉・・・10g
サフラン ・・・3〜4本(1g)
白ワイン ・・・80cc
にんにく ・・・半欠け
オリーブオイル ・・・10cc

カサゴを下処理します

まずはカサゴの下ごしらえです。内臓を抜いたら熱湯をかけて、細かい鱗も取っておきます。その間に、サフランは少量のお湯につけておきます。

カサゴを加熱します

にんにくをオリーブオイルで炒めて香りを出し、三枚におろしたカサゴのアラだけを加え炒めます。
カサゴに焼き目がついたらワインを加え、強火でアルコールを飛ばします。

アサリを入れて煮ます

ひたひたになるまで水を加え(分量外)蓋をして30分ほど弱火で煮ます。この間にアサリを鍋に入れて火にかけ、口を開けておきます。

煮込み終わったらアサリとカサゴを更に処理します

アサリは殻から剥き、出た汁はフライパンに加えます。少し煮詰まったらザルで漉してスープだけにします。
カサゴは皮目に包丁を入れ(丸まってしまうので)強めに塩こしょうします。余分な小麦粉を軽くはたきます。パプリカは真っ黒に焼いて皮をむきます。

パスタを茹でます

パスタを茹で始めたらカサゴを焼きます。皮目には焦げ目をつけてください。スープとパプリカ、アサリ、サフランをお湯ごとフライパンに戻します。

具を合わせて味を整えて完成です

具の塩加減を見て適宜塩胡椒を足します。大抵は、アサリの塩加減で大丈夫です。湯切りしたパスタを合わせてよく絡ませたら完成です。

カサゴを使ったおすすめレシピ③:奥さんに喜ばれるカサゴのパスタ

カサゴを使ったおすすめレシピ3つ目は、カサゴのパスタです。アサリも入れて魚介出汁が効いた海鮮パスタのレシピです。釣りでも人気のカサゴを奥さんに捌いてもらってはいかがですか。

カサゴを使ったおすすめレシピ④:カサゴのアクアパッツァ

カサゴを使った最近人気のアクアパッツァのレシピです。このレシピもカサゴの出汁を活かした美味しい一品です。

材料(2人分)

カサゴ・・・2匹
塩コショウ(カサゴ用)・・・少々
アサリ(塩水に1時間浸す)・・・1パック
トマト・・・2個
ニンニク ・・・2片
オリーブの実・・・12個
アンチョビフィレ・・・2枚
白ワイン・・・ 200cc
水・・・100㏄
オリーブオイル ・・・50㏄
小麦粉・・・50g
イタリアンパセリ ・・・少々
乾燥粉末バシル・・・少々
タイムあれば・・・少々

カサゴを下処理します

カサゴはウロコ、内蔵取って処理します。苦手な人は、お店の方に捌いてもらってもいいですね。
カサゴに塩コショウしたら、小麦粉をまんべんなくまぶします。

処理したカサゴを焼きます

ニンニクを、包丁でたたいて潰しておきます。フライパンを中火で熱したらオリーブオイルを分量の半分25㏄ひいてカサゴを両面こんがり焼きます。フライパンの隅でニンニクとアンチョビフィレも焼きましょう。

トマト、白ワインなどを投入します

トマトを粗めでいいので、切ります。
カサゴがこんがり焼けたら、アサリ、トマト、オリーブ、バジル、白ワイン、水、全部投入します。

仕上げにオリーブオイルをかけて完成です

汁気が少しのこる位で火を止め、残りのオリーブオイルを、回しかけたら完成です。

カサゴを使ったおすすめレシピ④:カサゴのアクアパッツァ

カサゴを使ったおすすめレシピ4つ目は、魚料理の定番になりつつあるアクアパッツァのレシピです。材料を揃えたら、フライパンに投入すればできるので、意外と簡単なレシピです!

カサゴを使ったおすすめレシピ⑤:カサゴの中華風蒸し

最後のレシピはカサゴの中華風蒸しです。唐揚げや煮付けに飽きたらぜひ作ってみて下さい。

材料(2人分)

カサゴ・・・2匹
葱・・・1本
イタリアンパセリ ・・・5本程度
生姜 ・・・2分の1かけ
昆布・・・10×10cm位
紹興酒 ・・・80cc
醤油・・・小さじ4
レモン・・・2分の1個程度
花椒・・・10粒程度
塩コショウ・・・少々
胡麻油 ・・・小さじ1

カサゴの細かいうろこまで取ります

カサゴは鱗を取り、お腹のなかを全部出して綺麗にしておきます。
沸騰したお湯をカサゴに回しかけます。これで細かい鱗が取れるようになります。

カサゴに塩をふります

鱗が取れたら全体に塩を軽く振って(分量外)置いておきます。

葱を切ります

葱を、薬味にする部分、器に敷く分、カサゴに抱かせる分の3つに分けます。

器に葱などをのせます

器に半分の昆布と葱を敷きます。葱を小口切り、生姜を薄切りと細切りにしておきます。イタリアンパセリは枝を抱かせる用に、葉は薬味用にします。

カサゴを器にのせます

カサゴは少し水分が出てくるので、よく拭いてください。お腹の中も拭いて綺麗にします。綺麗になったら両面に切り込みを入れます。
器に塩コショウしたカサゴを入れ、紹興酒、醤油、胡麻油、花椒を加えます。腹には葱、薄切りの生姜、イタリアンパセリを入れます。

時短でレンジでチンして完成です

ラップして電子レンジ500wで7~10分ほど加熱します。カサゴの大きさにもよるので、頃合いを見て加熱をやめてください。
最後に薬味をのせ、レモンをたっぷり絞って完成です。

カサゴを使ったおすすめレシピ⑤:カサゴの中華風蒸し

カサゴを使ったおすすめレシピ5つ目は、カサゴの中華風蒸しです。作る手順は手アクサンあるように見えますが、カサゴと野菜を下処理して味付けしてレンジでチンするだけなので意外と簡単にでき舞うよ!

カサゴを使ったおすすめレシピ まとめ

カサゴを使ったおすすめレシピ、いかがでしたか。生でも蒸しても揚げても最高に美味しい魚ですね。今回は、紹介しませんでしたが、あらと一緒に煮付けてもとても美味しいですよ。ぜひ、お試しください。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ