魚介出汁が美味しい!ボリューム満点アクアパッツァレシピ5選!!

魚介類の出汁を利かせたレシピといえば、アクアパッツァですね。主に、魚を丸ごと調理するので出汁がたくさん出るんです。調理方法は意外と簡単なので家庭でもできます。魚が美味しくなるこれからの季節にぴったりのアクアパッツァのレシピにチャレンジしましょう!

アクアパッツァとは?

アクアパッツァは本来、ブイヨンを使わずに水とトマトだけで魚を煮込んだスープのことを指します。現在では、ブイヨンを入れることもあると思いますが、スープの一種なんですね。魚種はスズキ、タイ、メバルなどの白身魚やサバなどの青身魚が主に使われています。

大き目の切り身でも魚丸ごとでも美味しくアクアパッツァを作りましょう!

おすすめアクアパッツァレシピ5選①:和風!秋刀魚のアクアパッツァ すぐ簡単

今が旬の秋刀魚のアクアパッツァレシピです。秋刀魚は安くて脂がのっていて最高の魚の一つですね!

材料(2人分)

秋刀魚・・・2本
オリーブオイル ・・・大さじ4
ニンニク ・・・2片
椎茸・・・4枚
トマト・・・適量
タイムなどのハーブ(荏胡麻バジル パセリ )・・・適量
かぼす・・・1個
塩麹・・・大さじ2
日本酒・・・100cc
コショウ・・・少々

秋刀魚を下処理します

秋刀魚は内臓をとって水洗いし、粗塩を振ります。数分おいて水気を拭き取ります。
一本丸々でも半分に切ってもどちらでも大丈夫です。

先に秋刀魚を焼きます

オリーブオイルで中火の弱めで秋刀魚を焼きます。焼き目がついたら裏返し弱火で焼きましょう。両面焼けてきたらニンニクを入れます。

調味料を入れます

火が通ってきたら、椎茸、トマト、塩麹、タイムなどのハーブや、すだち、日本酒、塩麹、コショウを入れます。

蓋をして煮れば完成です

弱火で蓋をして煮て完成です。出来上がったあと、味を調整してください。

おすすめアクアパッツァレシピ5選①:和風!秋刀魚のアクアパッツァ すぐ簡単

おすすめアクアパッツァレシピ5選1つ目は、秋刀魚のアクアパッツァです。旬のさんまを簡単にちょりできるレシピですね。このレシピでは、塩麹を使っているのも特徴で、味を整えるときは塩麹を使うとより美味しくなりますよ!

おすすめアクアパッツァレシピ5選②:鯛のアクアパッツァ

おめでたいときにも使えるマダイを使ったアクアパッツァレシピを紹介します!

材料(2人~4人分)

鯛・・・1匹(小さめなら2匹)
タコ足・・・2本
あさり・・・お好みで
ドライトマト・・・お好みで
トマト(湯むきして種を取ったもの)・・・1個
ブラックオリーブ・・・お好みで
ディル(飾り用)・・・ お好みで
にんにく ・・・1かけ
オリーブオイル ・・・大さじ1
白ワイン ・・・100cc

タイを下処理します

鯛のエラと内臓を取り出し、ウロコを取ります。掃除できたら塩をふり冷蔵庫で寝かしましょう。たこは、粗塩か米糠でしっかりぬめりを取ります。

にんにくなどを切ります

にんにくは半分に切り、芽を取ります。ブラックオリーブとドライトマトを好きな大きさに切っておきます。

油を入れて温めます

冷たいフライパンにオリーブオイルとにんにくを入れてから加熱し、香りが出てきたらそれらを1度取り出します。

タイを焼きます

熱した油の入ったフライパンで鯛を焼きます。鯛はキッチンペーパーでしっかり水分を取り、両面軽く焼き目をつけましょう。

蒸し焼きして完成です

両面焼き目がついたら、材料を全て入れ、にんにくを戻し、白ワインを回し入れ蓋をして5~6分煮て完成です。

おすすめアクアパッツァレシピ5選②:鯛のアクアパッツァ

おすすめアクアパッツァレシピ5選2つ目は、鯛のアクアパッツァの紹介です。大き目のタイを使うとパーティなどに出すとみんながよろこびそうですね。タイを腹開けした際、生臭さの原因となる骨の部分の血が残らないように注意しましょう。

おすすめアクアパッツァレシピ5選③:イサキのアクアパッツァ

白身でサッパリとしたイサキを使ったアクアパッツァを紹介します!

材料(2人分)

Barilla フリジ・・・75g
イサキ・・・1尾
パプリカ(黄)・・・1個
ズッキーニ・・・小1本
あさり・・・1P
エリンギ・・・1P
コンソメキューブ ・・・1個
水300CC

イサキを焼きます

イサキは2枚におろして、一口大にし、オリーブオイルにニンニクスライスを入れたオイルでソテーします。

他の材料もフライパンに入れていきます

材料は好きな切り方で切って、魚に火が通ったら順次いれて炒めます。材料全部に火が通ったら水とコンソメを入れて一煮立ちさせます。

フリジを茹でます

イサキを焼いている間などにフリジを時間通りにゆでておきます。

耐熱容器に移します

茹でたフジリを材料の中に入れて耐熱容器に移します。パスタはスープに浸すように入れてください。

グリルで焼いて完成です

グリルで軽く焦げ目がつくように焼いて完成です。焼く目安は約10分位ですがお好みで調節してください。

おすすめアクアパッツァレシピ5選③:イサキのアクアパッツァ

おすすめアクアパッツァレシピ5選3つ目は、イサキのアクアパッツァです。食べやすく切り身にしていますが、片側の身に骨を残す(2枚おろし)ことで骨ごと調理でき、頭の方同様、イサキの出汁が出ます。

おすすめアクアパッツァレシピ5選④:簡単!レンジで作るアクアパッツァ

レンジで簡単にできるアクアパッツァを紹介します!洗い物も出ないのでとても楽ですよ!

材料(1人分)

鱈(生たら)・・・1切れ
●塩・・・少々
●胡椒・・・少々
●にんにくチューブ ・・・1~2cm
玉葱・・・1/4個
◎あさり・・・6個
◎ミニトマト・・・3個
◎オリーブ・・・4個
◆クレイジーソルト・・・ 少々
◆白ワイン・・・ 小さじ1

鱈に下味をつけます

鱈は●で下味をつけます(ふりかけて手でなじませましょう)。
※特に時間を置く必要はありません
玉葱は薄くスライスしておきます。

クッキングシートに材料を入れます

クッキングシートを大きめにカットし、玉葱を対角線状の真ん中に広げて乗せ、更にその上に鱈を乗せます!シートが破れないように注意しましょう。

残りの調味料も入れます

◎を散らし、最後に全体に◆をふりかけてクッキングシートを閉じます。

レンジでチンして完成です

電子レンジ600Wで3分~3分15秒(二つ作る時は4分~4分半)加熱して完成です。

おすすめアクアパッツァレシピ5選④:簡単!レンジで作るアクアパッツァ

おすすめアクアパッツァレシピ5選4つ目は、簡単にレンジで作るアクアパッツァの紹介です。クッキングシートを使ってレンジで蒸し焼きができるようになります。クッキングシートで包む際は耐熱皿などにシートをのせて作業するとより楽にできます。

おすすめアクアパッツァレシピ5選⑤:ニジマスのアクアパッツァ

基本的にアクアパッツァに使用する魚は海水魚ですが、今回は川魚を使ったものを紹介します。

材料(1人分)

ニジマス・・・1匹
プチトマト・・・5個
ズッキーニ・・・1/2個
アサリ・・・10個位
ナス1/2個 ・・・無くても可
タマネギ・・・1/4 無くても可
ニンニク ・・・1片
オリーブオイル ・・・適宜
塩胡椒・・・適宜
白ワイン ・・・50cc位
水・・・100cc位
クレイジーソルト ・・・あれば
お好きなハーブ・・・あれば

ニジマスを焼きます

フライパンにオリーブオイルを適宜回し入れ、予め軽く塩を振ったニジマスの両面に軽く焼き目をつけます。

ニンニクなどその他の材料も入れます

焼き目がついたら一旦火からおろし、包丁の背で潰したニンニクと各種野菜を投入し、軽く塩胡椒を振ります。切り方はお好みのサイズ、形に切ってください。

中火で蒸し焼きにします

アサリを投入し、貝が開いてきたら白ワインと水を投入します。ニジマスも投入したら蓋をして蒸し焼きにしてください。火は調理全体を通して中火で加熱します。

皿に盛り付けて完成です

時々スープを味見しつつ、魚にスープを回しかけながら約5〜7分位蒸し焼きにして完成です。このときにハーブなどを入れても美味しくできますよ!

おすすめアクアパッツァレシピ5選⑤:ニジマスのアクアパッツァ

おすすめアクアパッツァレシピ5選5つ目は、ニジマスのアクアパッツァです。川魚は泥臭いなどの印象があると思いますが、新鮮なもので質が良いものは淡泊でとても美味しいんです。ぜひ、一度お試しください。

おすすめアクアパッツァレシピ5選 まとめ

アクアパッツァレシピを紹介してきました、いかがでしたか。どれも難しそうですが材料を入れるだけなのでとても簡単にできるんです。みなさんも一度お試しください。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ